ちうにちを考える

中日ドラゴンズを浅く薄く考えます

その男、凶暴につき

 

藤浪といえば死球。死球といえば藤浪。

対戦相手を文字通りの恐怖に陥れるキラーマシーン・藤浪晋太郎が春を待たずして早くもギア全開の投球を披露した。

 

まずは2回、挨拶がわりの豪速球が阿部寿樹の頭部に襲いかかる。

 

f:id:chunichi-wo-kangaeru:20190224222428j:plain

 

あわや危険球というボールだが、まるで予知していたかのようにヒラリとかわして難を逃れた。

 

だが藤浪はこれだけでは終わらない。

4回、今度もやはり右打者の木下拓哉だ。

 

f:id:chunichi-wo-kangaeru:20190224222540j:plain

 

頭にこそ当たらなかったが避けきれずに左肩を直撃。大事には至らず出場続行できたのが不幸中の幸いである。

 

右打者はもはや恐怖しかない

 

故意ではないとはいえ毎試合のように死球が付きまとうようでは打者も気が気じゃない。いや、故意ではないからこそ厄介というべきか。通算与死球数歴代トップの東尾修は“喧嘩投法”の名が示す通り容赦ない内角攻めが持ち味ゆえに死球も増えたが、いわゆる荒れ球とは異なる。

対して藤浪は制球力不足からくる典型的な荒れ球。実は単年の死球数だけ見れば図抜けて多いわけでもないが、何しろ今日の阿部のようにギリギリで避けた物も含めて右打者の頭部付近にすっぽ抜ける球が多いのが特徴で、ひとつ間違えれば命にも関わるため平田、黒田、畠山らがマジギレしたのも無理はない。

 

2軍戦でも石垣が頭に当てられたぞ

 

今日の中日は9人中6人左打者を並べたけど、ビシエドや平田みたいなチームの浮沈に直結するような右打者は危なっかしくて使えないよな

 

それってもはや野球としてどうなんだ。一番苦しんでるのは藤浪自身とは言え、こう頻発するようだと対外試合で使っちゃダメなレベルだと思うんだが

 

死球は選手生命狂わすからね。直接の怪我じゃなくても残像が脳裏にこびりついて体が内角球に対して拒否反応を示したり。間接的な影響が結構あるんだ

 

対抗策としてはこっちの先発でブリトーを使うくらいしかないか

 

ただの殺し合いじゃねえか

 

www.chunichi-wo-kangaeru.com