ちうにちを考える

中日ドラゴンズを浅く薄く考えます

不幸中の幸い!藤嶋“開幕”絶望

 

www.chunichi.co.jp

 

「藤嶋、血行障害の疑い」が報じられて丸2週間。以降、なんの音沙汰もなかった検査結果について今朝の中スポがようやく報じてくれた。

精密検査の結果、はっきりした原因は分からないものの血行障害であることには違いないらしく、今日8日にもカテーテルを使った手術に踏み切った模様だ。

 

とは言えメスを入れての大掛かりなものではなく、2週間の入院を経てリハビリ開始、順調に回復すれば前半戦にもマウンドに立つことができるという。

この2週間、続報がないことにやきもきしていたファンは多いと思うが、当初感じた絶望感からすれば、とりあえずはホッとひと安心の内容だと言えそうだ。

 

まあこの時期までキャンプに参加してない時点で「勘違いでした」ってこたぁ無いとは思ってたけどな

 

違和感が出始めてすぐに検査したのがよかったね。岡田は2013年頃に症状が出始めて手術したのが2017年だ。
4年間騙し騙しやった結果、復帰に丸1年費やしたからな 

 

これもまた不幸中の幸いというか。中日は血行障害経験者がやたら多いから早く気付けたんだろう。一般人でもちょっと指先が冷えるくらいで病院なんか行かないよ

 

ポジティブに捉えれば、肩肘を痛めたわけでもないし、藤嶋の今後の長いキャリアにおいて「2019年の前半戦離脱」なんか取るに足らないトピックスになるだろうね

 

それに中日ファンは将来のエースと誰もが信じていた10代の天才投手を怪我で失った経験をしてる。前半戦離脱くらいでピーピー言うもんじゃないよ

 

俺なんて未だに糸を引くようなキレイな真っすぐを見るたびに中里の幻が現れる病気が治ってないぞ

 

叶わずして失った物ほど美しい物はないんだよ。
2006年の日本シリーズ第5戦、日本中が新庄涙の最終打席に注目してる中で中日ファンだけが三振を奪ってガッツポーズする中里を見て号泣したのは有名な話だ

 

f:id:chunichi-wo-kangaeru:20190208212221j:plain
▲しかしこれが実質最後の輝きだった

 

中里だけじゃなく今中だってキャリアの半分は怪我との闘いだ。
藤嶋も長い目で見ればこの段階で怪我(今回は病気だが)の怖さを知ったのはプラスに働くんじゃないかな

 

将来のエースになってもらわないと困る逸材だと個人的には期待してる。
それだけに2週間前、血行障害だと聞いたときはショックで目まいがしたけど、とりあえず大したことなさそうで本当によかったよ

 

楽しみにしてた沖縄はまた来年ということで。
焦るなという方が無理だろうが、俺達は気長に復活を待ってるぞ