ちうにちを考える

中日ドラゴンズを浅く薄く考えます

根尾 センターコンバート案が早くも浮上

 

www.sanspo.com

昨年11月の入団交渉後の会見で「プロでは遊撃一本でやりたい」と宣言。「肩の強さは誰にも負けない」とアピールしたが、それはウソではなかった。

 だが、チームには、一昨年の新人王で昨季は全143試合に出場し遊撃手としての地位を築いた京田がいる。根尾については二塁での起用も有力視されている中、中田アマスカウトディレクターは「地肩の強さなら、今、球界No.1遊撃手と言われている源田(西武)よりも上。あの肩の強さで二塁に置いておくのはもったいない」とした。

 

内容的には取るに足らない飛ばし記事だけど、どのみち近いうちに直面する問題ではあるよね

 

落合がセンター案を披露した時はまたいつもの捻くれかという声が多かったけど、チーム状況的にはあながち無視できないプランでもある

 

一時的に低下した守備指標を昨季の活躍で盛り返し、まだまだ球界屈指の守備力を誇る事を証明してみせた大島洋平。とは言え今年35歳を迎える大島の後継者育成は急務であるが、残念ながら現状の薄っぺらな選手層では候補すら見当たらないと言わざるを得ない。

一方でショートには京田という主力かつプロスペクトとも呼んでも差し支えない若きスターが陣取っている。昨季守備面で急成長を遂げた京田をわざわざセカンドにコンバートしてまで根尾をショートで育てるのには「根尾本人が希望しているから」以外の真っ当な理由は特になく、チーム全体のバランスを考えれば近いうちに衰えが来る大島の後釜に根尾を置くのは至極当然である。

 

中日のウイークポイントである打撃面に早いうちから専念させるためにもショートより外野のが適してるのは明らかだ

 

福留もショート失格で外野にコンバートしてから開花した。そもそもショートの強打者が歴史を紐解いても数えるほどしかいないよな

 

それだけ負担が大きいポジションなんだ。ショートで育てるならある程度は打撃を捨てる覚悟も必要になる

 

果たしてファンとメディアがそれを我慢できるか

 

それでもショート根尾が見てみたい

 

短期的にみれば大島の後継者としての根尾は非常に魅力的だしチームとしても願ったり叶ったりだろう

 

ん?長期的にみたら違うと言いたげだな

 

さっきショートの強打者は稀(まれ)と言ったけど、だからこそそういう打者が育った時はチームにとってこれ以上ない優位性にもなり得るんだ

 

打者が育ちにくいポジションだからこそ他球団が持ち得ない強みになる

 

ほとんどのチームがショートに小兵を置く中で強打者を置ければ打線の厚みがとてつもなく増す。こういう機能を持つのは主にショートと捕手で、裏を返せば他のポジションの強打者は外国人なりで補うことができる

 

普通は打線の弱点になりがちなショートと捕手を坂本、阿部が打ってた巨人がめちゃくちゃ強かったのも納得だな

 

そう、外野の強打者は今後も出てくると思うけどショートの強打者は待っててもそう簡単には出てこない。だからこそ可能性がある根尾をしっかり育てて打線の核にできれば自ずと中日は強くなるはずだよ

 

喫緊の課題は大島の後釜問題だけど、先を見据えればショートで育てるべきという意見か

 

外野はショートがダメだった時でも転向できるしね。それにいきなりセンターをやらせてもレフトで大島とアルモンテがダブつく事になる

 

落合は競争させればいいって言ってたぞ

 

全然タイプの違う大島とアルモンテを競争させてどうなる?2人とも腐らす結果になるだろうよ

 

たしかに。福田と高橋の競争なら負けた方を代打にできるけどアルモンテは負け=退団だろうし、そもそも3割打てて走守でも圧倒してる大島を控えに回すのは損失でしかない

 

この2人を競争させるという発想自体がナンセンスだね。たぶん落合はそこまで考えずに思いつきで言ったんだろうけど

 

あの人、深い事言ってるようで割と思いつきなとこあるからなあ