ちうにちを考える

中日ドラゴンズ歴史研究家が中日の過去、現在、そして未来について持論を発表するブログです

MENU

与田、門戸開放宣言

 

「みんな来てくれるのは、全然構わない。いつでもいらっしゃいだね。なんなら、文句あるなら言ってくれてもいい」

(中略)

指揮官は合宿スタイルで選手たちとともに過ごす1カ月間だけにとどまらず、ナゴヤドームもできる限りオープンにする考えだ。「ナゴヤドームも(監督室の)扉を開けておこうと思う」。

1月10日 中日スポーツより

 

さすが選手との対話を重んじる与田だ。積極的に選手とコミュニケーションを取っているのは報道で伝わってたけど

 

今の中日は良くも悪くも和気藹々とした雰囲気だから、管理野球で締め付けるよりフランクな監督の下でのびのびやらせた方が効果は出ると思う

 

そうだね。ラジオ等で聞く限り選手からの評判も悪くないみたいだ。単に新人に甘いわけじゃなく、早い段階で藤井ら年長・主力と面談したのも上下関係が厳しいプロ野球界の筋を通してる

 

ズブズブのOBじゃないから選手を色眼鏡なく見られるのも大きい。落合も監督就任当時はこれで英智や高橋光信といった一芸タイプの選手を活用したっけな

 

身内はどうしても選手の力量を思い込みで判断しちゃうからね。あれだけの捕手難で加藤匠馬が全く起用されなかったのもおかしな話だよ

 

その分、それでも今季結果を残せなかった選手は容赦なく切り捨てられるだろうがな

 

思いのほか戦力外が少なかったのは要するに猶予期間だよね。一旦フラットに競争させて今秋にばっさり行くんじゃないかな

 

監督室開放の元祖は……

 

ただ、本題の自室開放については手放しで称賛はできない

 

と言うと?

 

これ最近の流行りで、平石や井口も監督室開放してるんだよ。毎年この時期には話題になるけど顛末に関しては聞いたことない

 

たしかに。監督室に続々と選手たちが薫陶を受けに押し寄せたなんて聞いたことない

 

で、これやり始めたのは誰なんだろうと思って調べてみたんだけど、どうやら2004年の巨人・堀内恒夫監督が元祖っぽいんだよね……

 

思い出したぞ。「焼酎バー堀内」事件だね。結局キャンプ中の来客ゼロだったっていう伝説の!

 

【野球】巨人、夜間練習廃止 夜は『焼酎バー堀内』へ

 

まあ当時の巨人は清原軍団全盛で雰囲気最悪だったから単純比較はできないけど、少なくとも監督室開放が効果を発揮した前例はない

 

根尾が毎晩通い詰めるかもしれないよ

 

休日返上の自主練を与田が視察に訪れたり、早くもかつての長嶋-松井みたいな師弟関係が出来つつある

 

頼もしいね。キャンプインが待ち遠しい

 

今年は山﨑も足繁く視察に通うって宣言してるしな

 

藤井、平田あたりを連れて飲みに行きたいだけだろ