ちうにちを考える

中日ドラゴンズ歴史研究家が中日の過去、現在、そして未来について持論を発表するブログです

MENU

ロドリゲス残留!チートサウスポーに震えろ!

 

兼ねてから残留が報じられていたジョエリー・ロドリゲスが3千万円増の年俸6千万で契約したことが分かった。

今季在籍した6人の外国人の中で残留させるべき最優先がビシエドなのは当たり前として、次点はこのロドリゲスだと思っていたので心底ホッとした。一時はメジャーからのオファーもあったと聞く。それほどの投手がこの金額で名古屋に留まるのは奇跡に近いし、喫緊の課題であるリリーフ整備を進める上でもまさに「ロドリゲスの残留が最大の補強」である。

 

打てるわけない!左腕から繰り出す160キロ

 

与田監督が就任早々語ったのがクローザー問題だった。誰の目にも明らかなチームの弱点。中スポが「与田 クローザー名乗り出ろ!」と煽ると、さっそく田島、鈴木博、佐藤優が我こそはと手を挙げた。だが3人とも今季手痛い逆転を食らった当事者であるため、現時点では彼らがクローザーに定着する姿はあまり想像できない。

そこで筆頭候補にあがるのがロドリゲスだ。来日当初こそリリーフに連続で失敗して降格を食らうも、再昇格後は格の違いを見せつける投球で勝ちパターンの一角を担った。

 

東京ドームの内野席から間近で見たけど、あれは打てないね。打てるわけがない。
サウスポーが160キロ近い真っ直ぐを胸元に投げ込んできたら日本の打者はお手上げだよ

 

あの真っ直ぐに加えてスライダーもエグいからな。少々荒れ気味なのも効いてる。少なくとも6千万の投手じゃないぞ

 

使えるうちにガンガン投入

 

今回は残留してくれたが、このレベルの投手が末永くドラゴンズの一員でいるとは残念ながら考えにくい。なにしろ化ければサファテ級にもなりかねない怪物だ。オファーが殺到して去ってしまうのは時間の問題。

行き先がメジャーなのか、あるいは国内他球団なのか。いずれにせよ中日の財政状態的に流出は避けられない以上、使えるうちに使いまくるのがチームとしては正解だろう。

 

というかロドリゲス以外のリリーフが脆弱だからね。嫌でも頼らざるを得なくなるだろう

 

田島と又吉がしっかりしてくれれば全然違うんだけどな

 

全盛期が微妙に噛み合わないのも暗黒チームらしくて歯がゆいね