ちうにちを考える

中日ドラゴンズを浅く薄く考えます

「補強完了」

 

f:id:chunichi-wo-kangaeru:20181117233538j:plain

 

補強完了!ってどこ?どこを補強したの??

 

根尾と外国人残留が最大の補強!

 

それ補強じゃないかんね

 

なんでも中日が西勇輝について交渉せずして断念を決めたそうで。

当初からソフトバンクと阪神が価格破壊ばりの金額を提示する事が報じられていたが、なんだかんだ言って地元の中日にもワンチャンあると思ってたし、むしろ西自身がドラゴンズを見て育ったのもあって意外とイケるんじゃないかとさえ思ってた。

それこそ和田一浩の時みたいに西が中日のユニフォームに憧れを持ってるパターンもあるかも知れない。「ドラゴンズの青いユニフォームを着るのが夢でした」とか言って。目をキラキラさせながら入団会見する姿を妄想しなかったと言ったら嘘になる。

 

それがまさか交渉の席にすら付かずに撤退するなんて。撤退?そんな格好いいものじゃない。敗走だ。それも戦わずして。理由がまた最悪。「マネーゲームに太刀打ちできない」。言い換えれば「お金がない!」。お金だけじゃなくて夢も希望もない。中日ドラゴンズは本当に大丈夫なのか?

 

このままではいずれ破綻する

 

FA市場のインフレが止まらない。西には4億超、丸や浅村に至っては6億だとも7億だとも言われる破格の金額が動くそうだ。バブルとの指摘がある一方でMLBでは日本の比にならないほど輪をかけてインフレが進んでおり、今後もこの流れは加速するか高止まりする事はあっても下がる事はないと見られている。現にソフトバンクの幹部が「日本の年俸は安すぎる。今後も天井を作らず先導していきたい」と迷惑な宣言までしているとか。

 

そこへきて中日はどうか。今季の中日の推定総年俸22億円は12位のロッテと僅差の11位。1位はソフトバンクの61億円だから実に3倍弱の差がある。にも関わらずソフトバンクは西や浅村など更なる補強に投資を惜しまず、中日は資金不足で交渉すら諦める。6年連続Bクラスでだいぶコストカットしたはずなのに、現段階の22億円という人件費がこの球団にとってカツカツのラインという事か。

このまま更なるインフレが進んだり、あるいはチームの成績が向上して既存選手の年俸を上げなくてはいけなくなったらどうなるのか。当然FAには手をあげる素振りすらできなくなるだろうし、手塩にかけて育てた選手を惜しげもなく放出するような正真正銘の貧乏球団の道を歩むしかないだろう。

 

こう言うと、ひと昔前のカープが似たような状態からドラフトと育成戦略で常勝チームを作ったと反論されるかも知れないが、カープも2015年に黒田博樹を復帰させるのに相当な金額を積んだし、あれがなければここまでの快進撃は無かったと思われる。

またカープは1975年から球団単体黒字経営を続ける優良企業という側面を持つ。当然のように赤字経営で、なおかつ親会社が斜陽を突っ走るドラゴンズとはそもそも比較するのが失礼というのが実情だ。

 

2005年に阪神との争奪戦に勝ってタイロンウッズを獲得した時に中日は2年10億円を提示したと言われる。もし今、同じレベルの選手が市場に出てきて争奪戦になったら、果たして中日は同じ額を提示できるのだろうか。強いチームを作るためには育成と併せて補強も必須なのは言うまでもない。あの時だって前年優勝しながらも大砲不在という弱点を補うべくウッズを獲得し、黄金期を築いたのだ。カープを真似て育成路線を推し進めるのはいいが、必要に応じて補強が出来ないチームに未来はない。

22億円程度の人件費で行き詰まり、必要な補強すらままならない球団がインフレの波を乗り越えるのは不可能だ。中日は破綻する前に真剣に身売りを検討すべきだろう。

 

例えば……矢場とんとか

 

 他にねえのかよ