ちうにちを考える

中日ドラゴンズを浅く薄く考えます

吉見一起、FA行使か?

f:id:chunichi-wo-kangaeru:20181022211922j:plain

「吉見FA熟考」

10月15日、唐突に中日スポーツが一面で報じたこのニュースにファンは動揺した。

吉見といえばかねがねチームの不甲斐なさを嘆き、時には若手への苦言も容赦なくメディアに吐露してきたストイックな「意識高い系」だ。

 

もちろんその先に見据えるのは強いドラゴンズの再建であり、きっとそれが実現する時には吉見はコーチになって若手を厳しく指導しているに違いないと思っていた。

てっきりそれが既定路線だとも思っていたので、自らの意思でチームを離れるかもしれないというのは正直言って驚いた。

 

でも現状、オファーなんか無いだろうとの声が多数だ

 

そりゃな。育成路線に潮流がシフトしてる中で若手を放出して吉見を獲りに行く球団があるか?

 

戦力外の村田修一でさえ声がかからなかったんだ。今は余程じゃなければ30代半ばは相手にされないんだね

 

 

「評価を聞きたい」は本音だと思う

 

とは言え吉見の中で最優先はあくまで中日残留で、他球団の評価も聞いた上で総合的に判断する事になるようだ。

もちろん他球団の評価を聞くにはFA権を行使しなければならない。

 

通例でいえば残留ありきの宣言は契約条件の吊り上げが目的と捉えられるためあまり好意的に思われず、広島などそもそも宣言残留を認めていない球団もある。

 

ぶっちゃけ「他球団の評価を聞きたい」自体が聞き飽きた常套句だよね

 

“評価”とやらを出来る球団が限られてるからね。落合みたいに“一番カネ出したとこに行く”って素直に言やええのに

 

 

だが吉見に関しては今更年俸の吊り上げ目当てにFAをちらつかせるとも思えず、またBランク(人的補償あり)の吉見にどれだけ買い手が付くのかも皆目見当がつかない。

 

今季は怪我と手術を乗り越えてようやく復活と言える成績を残したが、世間では松坂大輔ばかりが称賛され、一気に1億円突破だのと騒がれている。

長年チームを支えてきたのは間違いなく松坂ではなく吉見だ。しかし客観的な今現在の吉見の評価は一体どれほどなのだろう。

 

中日のリアルな評価、そして他球団の評価を聞いてみたいというのは偽らざる吉見の本音だろう。

年俸どうこうではなく客観的に見た市場価値を知ることで自分の立ち位置を確認したい思いが芽生えたのではないだろうか。

 

 

現実的には1億円が妥当なラインか

 

推定年俸7,500万の吉見の今季成績は20試合5勝7敗。しかしリリーフに勝ちを消されたり援護に恵まれないケースが多く、QSを13度記録するなどベテランらしい安定感のある投球をみせた。

 

正直言って勝ち負けだとかQSだとか以前に、ここまで投げられたことが驚きだ。

何しろ今季の吉見はシーズン前にはローテ入りできるかどうかさえ微妙な立場にいたのだ。

吉見自身は進退を懸けたシーズンと明言していたが、松坂と同じくおそらく使い物にならず引退する事になるだろうという見方が大勢を占めていた。

 

それが蓋を開けてみれば一年ローテを守り、しかもガルシア、笠原に次ぐ3番手くらいのポジションで踏ん張ってくれた。松坂が大幅アップの1億なら当然吉見も1億に乗らなければ筋は通らない。

だが他球団が今の吉見を獲るために人的補償のリスクを冒してまで1億以上を提示するだろうか。

 

おそらく中日は2年2億あたりで手打ちを狙うだろう。複数年が何よりの誠意だよ

 

それで足りないなら放出やむなし。妥当な線じゃないかな

 

かつてのエースの決断や如何に。