ちうにちを考える

中日ドラゴンズ歴史研究家が中日の過去、現在、そして未来について持論を発表するブログです

MENU

2018-19オフ

英智を探せ

いよいよ明日からキャンプイン。とは言っても既に合同自主トレの模様が逐一映像付きで入ってくるネット社会の昨今において、昔ほどキャンプを節目として捉えづらくなったのは確かではある。 それでも目に見える変化として選手達のユニフォーム姿が見られる。…

中日ガンプラに込められたメッセージ

www.google.co.jp BANDAI SPIRITSは30日、「機動戦士ガンダム」の40周年企画の一環として12球団カラーリングのスペシャル仕様のガンプラを発表した。 発売するのは1/144スケール『RX-78-2 ガンダム』で統一し、2019年のチームカラーを配色。4月から各球団で…

ジー無念の引退

full-count.jp 昨季、中日に在籍したディロン・ジー投手が、現役引退を決断したことが分かった。 インスタントグラムにはこれまでに所属した全ての球団への感謝も記し、「私にチャンスを与えてくれたメッツ、ロイヤルズ、レンジャーズ、ツインズ、そして中日…

嵐の16歳!星稜内山を刮目せよ!

3月23日に開幕する第91回選抜高校野球大会の出場校が発表された。今回の選考では「話題性、集客力で選ぶわけではない」(日本高校野球連盟・竹中雅彦事務局長)という方針から、昨年春夏連覇を果たし選抜史上初の3連覇がかかる大阪桐蔭が、準々決勝で敗退し…

大坂なおみ、ドラゴンズに喝を入れる

www.nikkei.com やったぜ大坂なおみ!すごいぞ大坂なおみ! 全豪オープンの大会13日目、女子シングルス決勝で第4シードの大坂なおみが第8シードのペトラ・クビトバと対戦。大坂が7-6(2)、5-7、6-4で勝利し、全豪オープン初優勝を飾った。また1月28日付けの世…

藤嶋 血行障害の衝撃

2019年1月25日 日刊スポーツより バラエティなんかでよく見かけるショックな時に画面の色が反転する演出。「藤嶋 血行障害」の文字を見た瞬間、まさにあの感じで景色が歪み、同時に軽い目眩に襲われた。受け入れがたい現実を目の当たりにした時、人間ってこ…

体罰の罪を考える

埼玉県の春日部共栄高校で起きた監督による平手打ち問題や都立高校で起きた教員による暴行問題に端を発して諸所で体罰の是非が取り沙汰されている。 昨秋の関東大会で準優勝し、センバツ出場が確実視されている春日部共栄の監督が昨年4月の練習試合中、部員…

根尾、嘆きの肉離れ

根尾がペースダウンを余儀なくされました。23日の選手会合同自主トレで、下半身に強い張りを訴えて練習を切り上げ、病院で精密検査。右ふくらはぎ肉離れのようです。一定期間は安静にしなければなりません。 徐々に負荷をかけていく段階でのひと休み。ここ…

キャンプ振り分けを考える

いよいよ10日後に迫った沖縄キャンプの一軍二軍の振り分けが発表された。 ルーキーでは根尾、勝野、滝野の3人が一軍帯同。大社組で唯一漏れたノースロー調整中の梅津は読谷から虎視眈々と北谷行きを狙う。 全体的にフレッシュな顔ぶれでわくわくするね! 201…

井端弘和を振り返る

今季から東海ラジオの専属解説陣に仲間入りする井端弘和氏が一足早くCBC「サンドラ」に生出演した。久しぶりのスタジオお目見えにTwitterにも歓喜の声が溢れ、かつてのチームの顔とも言える男が今なお人気健在である事を証明した。 衝撃の退団から5年3ヶ月。…

キクチメガネvs根尾昂

www.sponichi.co.jp 2月1日のキャンプインに先んじてこの時期コアなファンが楽しみにしている恒例行事といえば、ドラゴンズ新人選手を対象にしたキクチメガネ主催の動体視力検査だ。 2003年から続くこの行事も今年で17回目。毎年記録的なスコアを叩き出す新…

藤嶋の人間力を考える

先日放送された東海ラジオ「ドラヂカラ!!」で面白いエピソードが紹介された。 2015年から昇龍館の館長を務める松岡功祐さんに話を聞くというコーナーである選手がベタ褒めされたのだ。 「藤嶋は朝から元気が良く挨拶もできる。受け答えもはっきりしているし…

京田のデカい器量に竜の未来を感じた!

www.sponichi.co.jp 根尾がショート一本で勝負宣言した昨秋からライバルとして取り沙汰される事が多い京田だけど、根尾が萎縮しないように自分から声をかける辺りはさすがだね クレバーな選手だから心配は無用。報道陣相手に余裕のリップサービスをかます辺…

土台づくり

予想どおり、というか予想以上に長野久義の広島移籍が物議を醸している。予想外だったのはその多くが巨人ひいては原監督に対して批判的な論調に傾いた事だ。 巨人批判がライフワークの広岡達朗は置いとくとしても福本豊、中畑清、西本聖、須藤豊といった錚々…

根尾 センターコンバート案が早くも浮上

www.sanspo.com 内容的には取るに足らない飛ばし記事だけど、どのみち近いうちに直面する問題ではあるよね 落合がセンター案を披露した時はまたいつもの捻くれかという声が多かったけど、チーム状況的にはあながち無視できないプランでもある 一時的に低下し…

与田、門戸開放宣言

「みんな来てくれるのは、全然構わない。いつでもいらっしゃいだね。なんなら、文句あるなら言ってくれてもいい」 (中略) 指揮官は合宿スタイルで選手たちとともに過ごす1カ月間だけにとどまらず、ナゴヤドームもできる限りオープンにする考えだ。「ナゴ…

長野移籍に原巨人の本気を見た

今日から仕事はじめの社会人も多いのだろう、久々の満員電車に揺られて年始気分の終わりと日常の再開を痛感して物悲しくなった月曜の昼下がり。冬晴れの空の下でひと息つこうかと、ふとスマホを見ると、そこは平穏とは程遠い野球ファンによる阿鼻叫喚の様を…

原辰徳SNS禁止令を考える

巨人・原監督「SNS禁止令」の真意 「(SNSは)ジャイアンツの選手もやっちゃいかんですよね? 言いたいことがあったら俺達(首脳陣)に言えと。あるいは新聞記者に言えと」 読売グループの実質的な最高権力者にしてナベツネの後継者とも目される巨人・原…

白井オーナー、新年早々寝言をかます

www.hochi.co.jp 新年早々、白井オーナーが寝言をぶちかました。 中日・白井文吾オーナー(90)が4日、名古屋市内で行われた球団の年賀式であいさつし、12年ぶりの日本一を宣言した。 「今年はドラゴンズにとって格別な年になるでありましょう。という…

NEO元年

平成の終わりと共に時代を彩った名選手たちがユニフォームを脱ぎ、入れ替わるようにして新しい時代を創る選手達がユニフォームに袖を通す。 中でも一際まばゆい光を放つ若者・根尾昂はこのチームにどんな未来をもたらすのだろう。2019年はNEO元年。これから…