ちうにちを考える

中日ドラゴンズ歴史研究家が中日の過去、現在、そして未来について持論を発表するブログです

MENU

高橋周平

【1994年12月】若きプリンス立浪、1億円プレーヤーに!

師走到来。 今年も残すところあと1ヵ月。忘年会にクリスマス、年末年始の準備と何かとイベントが多く、出費もかさむ季節である。総務省統計局の調査によると12月の消費支出は他の月の平均に比べて1.15倍も多く、年間で最も支出が増える月なのだそうだ。 大抵…

ヤンキー主義の継承者

ヤンキーの姿を見かけなくなって、どれくらい経つだろうか。 男子は腰パン、女子なら長スカートに金髪、バイクを買うお金は無いから50ccのスクーターにまたがり、同じような身なりの仲間と夜な夜な公園や学校に集まっては喫煙、シンナー遊びにふける。それだ…

無謀な男

◯7-1(54勝63敗2分) 福田の先制2ランとその他の5本のタイムリーのうち、個人的に一番嬉しかったのは事実上勝利を決定づけたと言える4点目、高橋周平のタイムリーツーベースだ。序盤、何度もチャンスを潰したことにより僅差での逃げ切りを余儀なくされてしま…

7度めの正直、ならず

●1-2(41勝50敗) 先週の金曜日、柳対平良の対戦から始まった連敗は一週間経った今もなお止まる気配はなく、またしても同じ柳対平良のマッチアップで、またしても柳が浴びた一発の被弾が決勝点となり、またしても終盤の反撃及ばず山崎康晃に抑え込まれるとい…

満月に吠える

◯6-4(40勝43敗) サヨナラ勝ちの代償はあまりにも大きかった。高橋周平の負傷離脱である。昨夜の段階では「突き指だろう」との楽観的な見解が大方を占め、今朝の中スポにも「抹消はしない」と載っていたのでひとまず安心していたのだが、蓋を開けてみれば最…

首位打者・高橋の貫禄

◯8-4(31勝39敗) ナゴヤドームが満員に埋まったのは、ガールズシリーズであること以上に相手先発の18歳の若者を観たい人が多かったからなのだろう。吉田輝星。この投手との対戦こそが3連戦のメインイベントであり、交流戦の最終日を締めくくる“トリ”とし…

救い投げ!

◯4-1(27勝35敗) 昨日の敗戦は結果もさる事ながら、勝ちパターンのリリーフをゴリゴリに消耗した挙句に3連投のライデルが34球も投じて負けた事こそが最大の問題点であった。おかげで今日はどんな展開になろうとロドリゲスとライデルは絶対に使えないとい…

頼もしい背中

◯7-3(23勝27敗) 10勝14敗。9カード中2カードしか勝ち越せなかった5月の戦いは一言でいえば「苦しかった」。 12連戦の真っ只中の5月1日、記念すべき令和の幕開けを山井が初回からぶち壊し、翌日はロメロが不運にも見舞われながらグラブを叩きつけた。そんな…

うちの看板です

◯10-3(21勝25敗) 6年間に及ぶ長い低迷。その根本的な原因は何なのだろうかと考えた時、まずパッと浮かぶのが「軸になる圧倒的な打者がいない」という事だ。 セリーグだと坂本勇人、丸佳浩、山田哲人、筒香嘉智、鈴木誠也。パリーグでいえば秋山翔吾、山川…

上司変われば部下も変わる

◯6-0(15勝18敗) 空前の10連休も終わり、今日から世の中も通常モード。いつもの休日でさえ日曜日の夜は憂鬱だというのに、10日間も休んだ日には5月病どころでなく本気でヤバい状態になってもおかしくない。特に昨夜はただでさえブルーなところにきて心の支…