ちうにちを考える

中日ドラゴンズを浅く薄く考えます

阿知羅拓馬

わからない勝利

◯6-5(14勝17敗) つくづく“勝ちに不思議な勝ちあり”だ。6回以降、4人のリリーフが出した四死球は合計10個を数えた。全てのイニングでピンチを迎え、谷元(2点)と鈴木博(1点)が3点を失ったものの、最後の一打をギリギリで防いで綱渡りのような勝利を収め…