ちうにちを考える

中日ドラゴンズ歴史研究家が中日の過去、現在、そして未来について持論を発表するブログです

MENU

福谷浩司

逆転と畳みかけ

○6-1DeNA(19回戦) 1988年の中日は終盤にひっくり返す劇的な試合が多く、「逆転の竜」「ミラクルドラゴンズ」とか言われて敵球団に恐れられたという。ファンにとっては胸がすくような、たまらない展開だったことだろう。当時2歳。リアルタイムで見られなか…

福谷で借金返済

○3-2巨人(24回戦) いつからだろう。やたらとラジオで “借金の過払金請求” のCMが流れるようになったのは。それだけ世の中には借金を抱えている人が多いのだろうが、できればもうちょっと長閑(のどか)なCMを聴きたいものである。 借金。南野陽子の『秋のI…

悲願ならずも抜群の福谷

○4-1阪神(14回戦) 福谷浩司のエース化が止まらない。 前回は首位巨人相手に8回2失点の好投。試合は引き分けで白星こそ付かなかったが、このカードの3タテを阻止した功績は計り知れない。あの時もチームは3連敗中と雰囲気は悪かったが、奇しくも今回も3連敗…

目標の有無

△2-2巨人(18回戦) 3連戦で一つも勝てなかったことを嘆く声がファンの間では目立つが、むしろ「よく負けなかった」「よく引き分けで凌いだ」と思う。とは言え、ポジティブな意味合いではなく、ネガティブな皮肉を込めてだが。 例によって先発・福谷浩司はナ…

悔し涙

○6-0広島(15回戦) このところキャッチャーを除いてほぼ固定メンバーで戦ってきたが、今日は久々に中軸を動かしてきた。アルモンテに代わって3番に入ったのは、福田永将だ。下肢のコンディショニング不良で抹消されたのが8月23日のこと。その間チームは3勝6…

ハイテンション ザ・ボーア

●3-11阪神(11回戦) 同じ職場で一番関わりたくないタイプといえば、日によってテンションの浮き沈みが激しい奴は本当に厄介だ。昨日はバカな世間話なんかでケタケタ笑いながら盛り上がったのに、今日は挨拶さえ碌に返そうともしないほどドヨーンと曇ってい…

脳筋から頭脳派へ

○3-2広島(7回戦) 高校1年生で数学と物理化学を捨てた人間にしてみれば、“理系”というだけで尊敬に値するわけだ。よくもまあ、あんな魔法の呪文みたいなモノが理解できるもんだと。 事もあろうに慶應大学理工学部出身で野球部のエース、ドラフト1位でプロ入…

岡野、福谷 それぞれの開幕へ

www.chunichi.co.jp 岡野祐一郎と福谷浩司。裏ローテを任せたいこの2人が4イニングずつを投げた今日のオリックス戦。結果は明暗が分かれた。 先発の岡野は初回、いきなり連打を浴びて無死一、二塁のピンチを背負うも後続を冷静に打ち取り無失点で凌いだ。だ…