ちうにちを考える

中日ドラゴンズ歴史研究家が中日の過去、現在、そして未来について持論を発表するブログです

MENU

福田永将

福田永将、守備改革に挑む

www.chunichi.co.jp 1月の名古屋。僕(記者)が小笠原と雑談していると、福田が近づいてきてこう言った。「ちょっと投げ方、教えてくれない?」。その場でスローイング講座が始まった。一部始終を見ていたが、小笠原の指導は実に理論的でわかりやすかった。 …

天敵撃沈

◯4-1(51勝62敗2分) 今季ドラゴンズ打線の前に立ちはだかる天敵は3人。巨人菅野、DeNA平良、そして広島大瀬良である。この3人が先発した試合は0勝11敗とシャレにならないほどカモにされており、なかでも大瀬良には3度の対戦で3完投(1完封)を許すというや…

夜遊びをおぼえよう

●5-7(49勝59敗2分) ちょうど一週間前の土曜日、小笠原の今季初登板となったDeNA戦で足を引っ張ったのがサードを守る福田だった。記憶がおぼろげな方もいると思うので振り返ると、先頭の大和のサードゴロをファンブルして出塁を許し、さらに一死一、三塁と…

初めてのカタルシス

◯10-8(47勝57敗1分) 巨人が7点ビハインドをひっくり返せば阪神は奇跡の逆転サヨナラ3ラン……。連日、他球団が派手な逆転劇を繰り広げるなか、ドラゴンズは淡々と負け試合を負け試合として消化し続けて104試合。交流戦の終わり頃から誰かが数え始めた「5回終…

31歳の履歴書

●2-3(43勝53敗) 高校卒業して13年目、31歳にもなれば社会人生活においてある程度のことは“出来るのが前提”というフェーズに差しかかるものだ。 例えば31歳にもなって名刺の受け渡しマナーを知りませんだとか電話対応もまともに出来ませんというのは通用し…

福田、お悩みモードに突入

●2-7(13勝16敗) まるで昨日の悪い流れをそのままナゴヤに持ち込んだかのような目も当てられない塩試合だった。このゴールデンウィークだけで3度目となる満員に埋まったスタンドも、盛り上がりどころのない展開に静まり返るばかり。これで借金は今季最多の3…