ちうにちを考える

中日ドラゴンズ歴史研究家が中日の過去、現在、そして未来について持論を発表するブログです

MENU

特集

いざ、真夏の東京ドームへ。~社会人1年目の武田健吾が挑む檜舞台~

喜ばしい知らせが飛び込んできた。昨年までドラゴンズに在籍した武田健吾が、ENEOSの補強選手として都市対抗野球に出場することになったのだ。都市対抗野球は、「大人の甲子園」と称されるアマチュア球界の最高峰。この男が真夏のビッグトーナメントに挑むこ…

閃光少年

「宏斗、目指せ10.14 1軍デビュー!」 8月31日付の中日スポーツでは、1面でドラフト1位ルーキー・高橋宏斗の特集が組まれた。チームが振るわないシーズンの終盤になると、若手の抜擢を期待するのはいつの時代も同じだ。 歴史を遡ると2001年、5位に終わったシ…

中日ドラゴンズを創った100人

新型コロナの影響で野球関連のニュースも激減し、ブログを書くにもネタが無いという状況下。かと言って放置するのもイヤだし……。 そんな折、ふと頭に浮かんだのが、2年ほど前にライオンズ系の有名ブロガー“もちたろうさん”が公開したのを拝見して以来、ずっ…

水原中日、激動の3年間 後編

後編「波乱」 1968年は世界中で「革命」の風が吹き荒れた年だった。日本では学生運動が先鋭化し、西ドイツで大規模な反体制運動が、フランスでは五月革命が起こり、アメリカでもベトナム反戦運動が激しさを増していった。 若者たちが既存の体制に反旗を翻し…

水原中日、激動の3年間 前編

前編「就任」 1968年は世界中で「革命」の風が吹き荒れた年だった。日本では学生運動が先鋭化し、西ドイツで大規模な反体制運動が、フランスでは五月革命が起こり、アメリカでもベトナム反戦運動が激しさを増していった。 若者たちが既存の体制に反旗を翻し…