ちうにちを考える

中日ドラゴンズ歴史研究家が中日の過去、現在、そして未来について持論を発表するブログです

MENU

桂依央利

徳俵からの逆襲

○6-2阪神(10回戦) 試合終了後、ナインを充実の表情で迎える福谷浩司を見て、心の底から良かったと思える試合だった。交流戦最終戦に登板した前回の先発では、8回途中の降板後に勝ち越しを許した瞬間にがっくりと肩を落とした。そこから中9日を開けての先発…

ここぞのバイプレイヤー

○4-1巨人(11回戦) 交流戦前の最終試合。パ・リーグの猛者たちとの対戦を前に景気づけがしたいところだが、交流戦直前の試合にトラウマを抱えるドラゴンズファンは今でも多いはずだ。 話は交流戦がスタートした2005年に遡る。セ・リーグの首位を走っていた…

桂、正捕手レース100歩後退

「今日はレギュラーを奪いに行かないといけないメンバーで戦って相手を制す。どうかな?と思って見ていたが、完全に力負けだったね」 3日、ナゴヤ球場でおこなわれた西武戦は見るも無残な惨敗に終わった。上記は試合後の与田監督のコメント。確かに主戦級が…

現有戦力20%の底上げ

www.chunichi.co.jp このキャンプ初の実戦形式となる紅白戦。誰よりも目立ったのは根尾昂でも、藤嶋健人でもなく、指名打者で先発出場した桂依央利だった。紅組の9番打者として右中間に本塁打をぶちこむと、白組の8番打者としても鋭いあたりの二塁打と長打2…