ちうにちを考える

中日ドラゴンズ歴史研究家が中日の過去、現在、そして未来について持論を発表するブログです

MENU

山本拓実

業務分担

●3-9ヤクルト(12回戦) 梅雨の季節真っ只中。低気圧の影響で偏頭痛がひどく、今日はベッドから起き上がることすら困難で仕事は体調不良で欠席。午前中ずっと横になって過ごし、少し良くなってきたものの今日の試合展開に体調も逆戻りしそうな感じだ。 先発…

山本拓実、理論と実践の融合

北谷球場でおこなわれた阪神との練習試合。序盤に4点リードするも、中盤に逆転を許した末に競り負ける展開に早くもフラストレーションを溜めているファンもいるようだが、この時期の練習試合なんざ1ヶ月も経てばキレイさっぱり忘れる程度のものだ。たとえば…

小さいこともいいことだ

◯6-0(63勝69敗2分) 東京五輪の成功から間もない昭和42年、森永製菓はこの年の目玉商品として「エールチョコレート」の発売を決定。商品コンセプトである「従来の板チョコよりもひと回り大きくて値段は50円のお徳用」をいかにしてインパクトある言葉で伝え…

心の脆さ

●3-9(46勝55敗) 最高の形で勝利した翌日にあっけなく惨敗を食らう。もう何回見たか分からない「いつものパターン」でもって心をへし折られるのは金輪際御免被りたい。 落とし穴は7回に待っていた。3点を返して反撃の狼煙を上げた矢先、さらに流れを引き寄…