ちうにちを考える

中日ドラゴンズ歴史研究家が中日の過去、現在、そして未来について持論を発表するブログです

MENU

大野雄大

戦う顔〜大野雄大、対菅野8年ぶり白星

○2-0巨人(10回戦:バンテリンドーム) 奇しくもリーグ戦再開の初戦は、3月25日の開幕戦と同じ巨人戦。そしてマウンドに立つのは、やはりあの日と同じ大野雄大と菅野智之の両エース。違うのは球場だけ……と言いたいところだが、そうではない。 立浪ドラゴンズ…

脅威のフルスイング!千賀がみせた「勝利とは何ぞや」の姿勢

●0-6ソフトバンク (1回戦:バンテリンドーム) 7回までの緊張感はどこへやら。1点を巡る攻防はラスト2イニングで暗転したが、大野雄大と千賀滉大の投げ合いはさすがに見応えがあった。 驚かされたのは2回表、ランナーを二塁に置いて迎えた千賀の打席だ。そ…

先週のナイスプレー!(5/3〜5/8)

基本的に月曜日はゲームがない移動日ということで「先週のナイスプレー!」という企画を行っている。今回は5/3~8に行われた6試合を対象に、目立ったプレーには漏れてしまっているが個人的にナイス!と思われたワンプレーを投手部門、野手部門に分けて紹介し…

オレを忘れるな!~大野雄大の歴史的快投をフイにしなかった貴重な一打

〇1x-0阪神(6回戦:バンテリンドーム) 大記録ならず。しかし初回先頭から29人連続アウトはプロ野球史上最長記録。ある意味、完全試合よりも稀有な記録を成し遂げた今夜の大野雄大の投球は、今後長きにわたり語り継がれることになるのだろう。 ただ、どうし…

先週のナイスプレー!(4/26~5/1)

基本的に月曜日はゲームがない移動日ということで「先週のナイスプレー!」という企画を行っている。今回は4/26~5/1に行われた5試合を対象に、目立ったプレーには漏れてしまっているが個人的にナイス!と思われたワンプレーを投手部門、野手部門に分けて紹…

「聖域」へのメス~気がかりな福留孝介の2三振

●4-12ヤクルト(4回戦:バンテリンドーム) 「点の取られ方が悪すぎました。同じことを繰り返さないように、次回の登板に向けて修正していきます」(スポーツ報知) 4回8安打6失点(自責5)とまさかの炎上となった大野雄大。初回、簡単に2死を取ったところま…

不思議の勝ちあり~大野雄大に対して右打者を並べた阪神の“ミス”

〇2-1阪神(1回戦:バンテリンドーム) 「勝ちに不思議な勝ちあり」とはよく言ったもので、まさしく常識では理解できないような、そんな1勝を立浪ドラゴンズは手にした。 中盤まではエース対決にふさわしい手に汗握る展開だった。大野雄大、西勇輝ともに走者…

気持ちが切れた瞬間〜コロナ禍にはなかった「圧」に呑まれた大野雄大

●2-4巨人(開幕戦:東京ドーム) 大野雄大と菅野智之。2010年代以降のセントラルリーグを代表する両エースだが、そのライバル同士のマッチアップは回数にしてわずか6度と思いのほか少ない。菅野の状態がピークに達した2016〜2018年頃がちょうど大野の低迷期…

開幕投手は大野雄大〜ハーパーとの夢との対決の実現なるか!?

「開幕は歌舞伎でいえば、劇場が張り詰めて緞帳(どんちょう)が開く瞬間で特別な舞台だ」(日刊スポーツ) 阪急時代に12年連続で開幕投手を務めたミスターサブマリン・山田久志の言葉である。試合の立ち上がりは難しいと若手からベテランまで、ほとんどの先…

「内容よりも結果」〜大野雄大の有言実行ピッチで立浪ドラゴンズ白星発進!

〇2-1阪神(オープン戦:北谷) まるで公式戦のような緊張感、と言うのは大袈裟だろうか。いや、そんな事はない。同じリーグの阪神戦、両軍共にそのまま開幕戦のオーダーだと言われても不自然ではないほどの “ガチメンバー” で臨んだ本日の一戦。オープン戦…

あの緊張感もいまは昔ーーせめて開幕投手は当日その瞬間に知りたい

「今年の開幕投手は光成。光成が開幕戦で勝てるようにみんなでバックアップしよう」(日刊スポーツ) 西武が他球団に先駆けて開幕投手を発表したという。近年は開幕前日のイベントで先発投手どころかスタメンオーダーまで発表する文化が定着したため、当日を…

のびしろ~直近15年間のオープン戦順位、貯金・借金数は公式戦との相関性はあるのか?

球春到来。2月に入って各球団が春季キャンプを開始し、ドラゴンズも初日から精力的に活動している。ここにきて、立浪和義監督の新型コロナ陽性が判明したものの、無症状なのは不幸中の幸いか。東京では2万人以上が陽性判定を受ける昨今、コロナにかかるのは…

エースの矜持

○1-0 巨人(25回戦) 9月最終日にして今年初の3連戦3連勝、5月以来の月間勝ち越し、そして5年ぶりの巨人戦勝ち越しと、今日の試合が持つ意味はとても多かった。カードが始まる前には優勝が完全消滅の文字も踊っていたところからの3連勝なだけに、中5日でマウ…

Guns N’ Diamond

○10-1巨人(21回戦) 9連戦の4試合目、巨人とのシリーズGame 1は快勝。打線は今季初の2ケタ得点、1試合4本塁打をマーク。京田陽太が2ホーマー、ルーキー土田龍空はプロ初打点となる2点タイムリー二塁打とお祭り状態だ。投手陣もソロアーチの1失点に抑え、シ…

「間」

○2-1阪神(4回戦) プレイボールからわずか60分少々でグラウンド整備が行われた今日の試合は、往年の川上憲伸と上原浩治の投げあいを彷彿とさせる投手戦だった。 阪神の大物ルーキー・佐藤輝明が大野雄大の失投をライトスタンドにぶっ飛ばした。ど真ん中の半…

日の丸を背負って

△0-0 DeNA(4回戦) 2時間37分という試合時間で終わったDeNAとの3連戦初戦は、両者得点が入らず引き分けとなった。打てない、打てないと言われていた中でも密かに続いていた連続試合得点も12試合で途切れてしまった。 エースの仕事 先発の大野雄大は初回から…

過去との決別

△3-3巨人(1回戦) 本拠地「バンテリンドーム ナゴヤ」でのシーズン初戦は昨年のリーグ覇者である巨人を迎え、人気俳優・佐藤二朗さんの始球式で幕を開けた。 開幕3連戦を1勝1敗1分で終えたドラゴンズは、苦手とするマツダスタジアムで負け越さなかったとは…

有終の美

○3-2広島(24回戦) 例年よりも少ない全120試合を消化し、中日ドラゴンズの2020年シーズンが幕を閉じた。 最終戦のオーダーは根尾昂をトップバッターに据えた消化試合仕様。根尾はセンターとセカンドの守備を卒なくこなし、打ってはプロ2安打目となるライト…

新しい時代へ

○2-0DeNA(24回戦) まるで優勝決定戦のような緊張感だった。勝てば8年ぶりのAクラス入りが確定する今日の試合。マウンドには満を持してエース・大野雄大が上がった。 数字上は例え今日負けても残り2試合で中日が一つでも勝つか、DeNAが一つでも負ければAク…

“すごい男”を導く男

◯1-0DeNA(21回戦) 「ッシャアア!!!」 少し甲高い雄叫びが、マウンドに響いた。8回裏、2死二、三塁。この日迎えた最大のピンチを空振り三振で凌いだ大野雄大は、鬼の形相で小さくガッツポーズを作ると、すぐに相好を崩していつもの柔和な表情に戻った。 …

贔屓のエースが怖い

○3-0阪神(20回戦) 圧倒的な力を持つ者に対して、人は尊敬を通り越して畏れを感じるものだ。2010年代の大相撲で文字通りの無敵を誇った横綱・白鵬は、あまりの強さゆえに嫌われ、妬まれ、挙げ句の果てには「礼儀がどうのこうの」とつまらないイチャモンを付…

大きな「2」点

○4-1ヤクルト(20回戦) 3回裏、スコアボードに灯った「2」の数字。2死一、二塁からモイセ・シエラの放ったレフトへのタイムリーが、中日の勝利を大きく手繰り寄せたーー。 大野雄大が投げる水曜日は、中日が勝てる日だ。週の半ば。世の社会人、学生に…

シエラで「ケチャドバ」

○9-0阪神(17回戦) 点が取れないときはどうしたって取れないが、取れるときは面白いように取れるもの……。 かつてサッカー日本代表・本田圭佑が口にした「ケチャップ ドバドバ」の法則は、野球にもあてはまる。 阪神の先発は中日打線が長らく苦手としてい…

意識の次元が違う

○3-0ヤクルト(17回戦) 「今日の○○には3点あれば十分でした」みたいな表現をスポーツニュースでよく耳にするが、大野雄大に関してはアルモンテのソロが出た時点で勝ったも同然。まさに「1点あれば十分」という投球で今シーズン三度目の完封勝利を飾った…

マスター阿部は正念場

●3-6広島(16回戦) 「先発ピッチャーというのはいつも緊張して、何かしら不安があるものなんです。特に立ち上がりの初回で、おちついて投げたことはないですね」 『ほぼ日刊イトイ新聞』のインタビューで山本昌は先発投手の心情についてこう答えている。現…

悔しさとやるせなさと、たしかな希望と。

●0-2巨人(16回戦) 大野雄大と菅野智之。現代セ・リーグ最高峰のエース対決として試合前から注目を集めたこの一戦。その期待を裏切らぬ鬼気迫るような投げ合いは、もはや贔屓(ひいき)の応援を超越して「プロ野球」という娯楽そのものの醍醐味が凝縮されて…

スーパーエース、快挙成る

○5-0広島(13回戦) 「おとうさんはなれたんだ……超サイヤ人に!」と涙ながらにつぶやいた孫悟飯じゃないが、「大野さんはなれたんだ……スーパーエースに!」と感嘆するほどの投球で、大野雄大が大記録を達成した。 球団創設84年の歴史上、わずか3人しか成し遂…

ローテ再編と満塁の大島

●2-3巨人(15回戦) 今日の先発は、ローテ通りなら大野雄大が投げる予定だった。ところが28日に勝野昌慶が一軍合流。これにより大野がこのカードを回避することが明らかになり、球団記録に並ぶ5試合連続完投勝利への挑戦は1日の広島戦に持ち越されることにな…

大野、神髄に達す?

○3-0DeNA(12回戦) なんでもドラゴンズにおける連続完投勝利は「5」が記録で、石川克彦、権藤博、佐藤充の3人が打ち立てたという。 1950年代前半に杉下茂とWエースを形成するなど活躍した石川、1961年に429.1イニングを投げた権藤のことは知識としては知っ…

隠れたナイスプレー

○4-1巨人(12回戦) 2006年佐藤充以来の3試合連続完投勝利、球団史上初の3試合連続二桁奪三振、’08年山本昌以来の2試合連続巨人戦完投、と大野雄大の記録づくめの快投で首位巨人相手に2週連続のカード勝ち越しに成功。 借金も約1ヶ月ぶりに「5」に減らし、我…