ちうにちを考える

中日ドラゴンズを浅く薄く考えます

亀澤恭平

平和と亀

△0-0(48勝57敗2分) この手の試合はホームランで一気に情勢が変わるのが常だが、12球団ワースト1,2位のチーム本塁打数を誇るオフェンス貧者の両球団は一発で決めるなんて粗野なことはせず、あくまでおしとやかに譲り合いの精神でもって長い試合に終止符を打…

亀澤、藤井二世襲名

●2-3(2勝3敗) 9回、突然やって来た最大のチャンスは文字通り一瞬にして幻に消えた。1死三塁で高橋周平。守備体系は内野前進。3月24日のオープン戦で起死回生の同点3ランを放った記憶も新しく、少なくとも犠飛で同点にはなるはずだと多くのファンが高を括っ…