ちうにちを考える

中日ドラゴンズ歴史研究家が中日の過去、現在、そして未来について持論を発表するブログです

MENU

中日ドラゴンズ

風と共に吉見

気づけば最近の音楽が全然分からなくなっていた。キングヌー、ヒゲダン、あいみょんくらいは分かるが、サブスクのランキングページに出てくる大半の人気曲は、アーティスト名からしてちんぷんかんぷんだ。YOASOBI? TWICE? yama? Rin音? ダメ、分からない…

輝けオッサンの星

男はいったい何歳から“オッサン”なのか? 日本酒がうまいと感じるようになったとき、アイドルの顔がみんな同じに見えるようになったとき。今の若者はけしからんと思うようになったとき、例え話がプロレスとドラゴンボールになったとき。いやいや、心に炎を宿…

今こそ大島を見よ!

「大島洋平はもっと評価されるべきだ」 久々に会った「ようやっとる座談会」(仲間うちで年2、3度開催している定例会合)の面々と、大島の話で盛り上がった。メンバーの1人であるBB君いわく、ドラゴンズは2010年代に一度も相手チームにランニングホームラン…

岡野の真価はピンチに開く

ルーキー岡野祐一郎の投球が非常にクレバーであることは3月下旬の巨人戦の際にも書いた。 www.chunichi-wo-kangaeru.com 今日はあの日以来の実戦、しかも向かうは12球団最強の破壊力を誇る山賊打線とあって、果たして持ち味である“柔”の投球術が通用するのか…

郡司たまらん問題

いやあ、たまらんたまらん。何がそんなにたまらんって、暑さもたまらんけど郡司たまらん。リードはさる事ながら、バッティングがホントにたまらん。え? 今日はいいとこ無かったって? たしかに結果だけ見れば3タコだが、それでも郡司の持ち味は十二分に発揮…

まゆゆ26歳、井領30歳、それぞれの岐路

まゆゆ、引退するってよ。 全盛期のAKB48を引っ張った「神7」のひとり、「まゆゆ」こと渡辺麻友が先日、芸能界の引退を表明した。ついこないだまで朝ドラに出演していただけに、突然の発表は多くのファンに衝撃を与え、スポーツ各紙も大きく取り上げた。休養…

根尾の逆襲

若い時は許されたことでも、歳をとったら許されなくなることばかりでイヤになる。プレゼンでミスったり、営業で恥をかいても若い時は叱られつつも必ず誰かがフォローを入れてくれた。「これも勉強だから」「次から気をつければいいから」と。それが30代も半…

初期・平田良介に見た夢をもう一度

「わんぱくでもいい。たくましく育ってほしい」 昭和生まれの方なら一度は聞いたことがあるだろう。かつて丸大食品のCMで使用されていた名作キャッチコピーだ。ふと頭に浮かび、あらためて動画サイトで当時のCMを見てみた。スーパー戦隊シリーズ第2作目「ジ…

韋駄天高松、自立の3年目

「やっぱ一番大切なのは自信よ、自信」。なんてことをドヤ顔で言ったらデータ至上主義勢から「はい昭和!」「はい老害!」とフルボッコにされるのは目に見えている。それでも誰に何と言われようと、私は自信こそが物事をこなす上で一番大切な要素だと信じて…

開幕戦めぐり合わせ奇譚

まさか2020年の開幕戦の舞台が神宮球場になるとは思いもよらなかった。中日とヤクルト。奇しくも昨年の5位と6位。7年連続Bクラス中のチームとしては、広島や巨人に比べれば戦いやすい相手だと思う。Aクラスのアドバンテージを得られなかった広島には気の毒だ…

地獄をみる覚悟はできているか?

www.chunichi.co.jp 新型コロナウイルスの感染拡大で開幕を延期しているプロ野球は25日、オンラインで臨時12球団代表者会議を開き、セ、パ両リーグ公式戦の開幕日を6月19日に決めた。感染予防のため、当面は無観客試合で行う。 「6月19日プロ野球開幕…

「CS中止? 関係ないね」

www.sanspo.com 苦渋の選択-。セ・リーグが今季、クライマックスシリーズ(CS)を開催しない方向で最終調整に入ったことが22日、分かった。新型コロナウイルス感染拡大の第2波、第3波に備え、レギュラーシーズンの日程消化や選手の体調管理などを最優…

ある日のドラゴンズ⑭プロアマ断絶が生まれた日

日常から野球が消えて早数ヶ月。本来なら一喜一憂に身悶えつつも幸せな日々を過ごしているはずだったのに、社会はすっかり非日常に支配されてしまった。いつ終わるとも知れない未知なる敵との戦いにいい加減うんざりしている方も少なくないだろう。 というわ…

ある日のドラゴンズ⑬誤算! 孝政、小松で痛恨の黒星

日常から野球が消えて早数ヶ月。本来なら一喜一憂に身悶えつつも幸せな日々を過ごしているはずだったのに、社会はすっかり非日常に支配されてしまった。いつ終わるとも知れない未知なる敵との戦いにいい加減うんざりしている方も少なくないだろう。 というわ…

中日ファンのための読書感想文④「悔いは、あります」

「本、読んでますか?」 若者の活字離れが叫ばれて早幾年。町からは書店が消え、電子書籍も今ひとつ定着しているようには思えない。今や一部好事家の嗜みに成り下がった読書だが、かつては映画と並ぶ最高のエンターテイメントだったのだ。楽しいだけでなく、…

ある日のドラゴンズ⑫水原の執念!連投渋谷の零封劇

日常から野球が消えて早数ヶ月。本来なら一喜一憂に身悶えつつも幸せな日々を過ごしているはずだったのに、社会はすっかり非日常に支配されてしまった。いつ終わるとも知れない未知なる敵との戦いにいい加減うんざりしている方も少なくないだろう。 というわ…

セ・リーグDH導入論、再燃か

www.nikkansports.com MLBの今季開催案に両リーグDH制導入や、選手登録の新ルールなどが含まれる見通しとなった。 10日付のニューヨーク・ポスト電子版によると、主に投手の負担軽減を目的にア・リーグのみだったDH制をナ・リーグでも採用することが濃厚。選…

我慢を乗り越えた小島弘務の至言

www.chunichi.co.jp 8日付の中日スポーツに懐かしい名前をみつけた。小島弘務。1991年にドラフト1位で入団し、1年目から先発、リリーフとして24試合に登板、6勝を挙げた。将来のエース候補と目されたが2年目以降は伸び悩み、97年オフにトレードでロッテに移…

新庄剛志獲得は「アリ」か「ナシ」か

www.chunichi.co.jp 現役復帰を目指している元阪神、大リーグ、日本ハムで活躍した新庄剛志氏(48)が6日、自身のインスタグラムを更新。元中日の川上憲伸氏が現役復帰を称賛したことに関して、コメントを寄せた。 「川上君オールスターで協力してくれてあが…

ある日のドラゴンズ⑪こどもの日、風の子が躍動!

日常から野球が消えて早数ヶ月。本来なら一喜一憂に身悶えつつも幸せな日々を過ごしているはずのゴールデンウィークなのに、社会はすっかり非日常に支配されてしまった。いつ終わるとも知れない未知なる敵との戦いにいい加減うんざりしている方も少なくない…

ある日のドラゴンズ⑩宇野、華麗なる美技で猛虎狩り!

日常から野球が消えて早数ヶ月。本来なら一喜一憂に身悶えつつも幸せな日々を過ごしているはずのゴールデンウィークなのに、社会はすっかり非日常に支配されてしまった。いつ終わるとも知れない未知なる敵との戦いにいい加減うんざりしている方も少なくない…

「プレイボール」のその日まで

「今日の東京の感染者数は46人」--新型コロナウイルスの新規感染者数が報じられるのは決まって16時半前後。この時間になると緊張しながらスマホでニュースをチェックするのがすっかり日課になった。昨日、今日は比較的少なかったので安堵したが、二桁に減…

ある日のドラゴンズ⑨与那嶺監督、非情采配でV2へ加速

日常から野球が消えて早数週間。本来なら一喜一憂に身悶えつつも幸せな日々を過ごしているはずの春なのに、社会は“緊急事態宣言”だの“首都封鎖”だの物騒な言葉で埋め尽くされてしまった。いつ終わるとも知れない未知なる敵との戦いにいい加減うんざりしてい…

ある日のドラゴンズ⑧前夜祭は豪快に

日常から野球が消えて早数週間。本来なら一喜一憂に身悶えつつも幸せな日々を過ごしているはずの春なのに、社会は“緊急事態宣言”だの“首都封鎖”だの物騒な言葉で埋め尽くされてしまった。いつ終わるとも知れない未知なる敵との戦いにいい加減うんざりしてい…

ある日のドラゴンズ⑦あぁ…楽天にも負けるなんて

日常から野球が消えて早数週間。本来なら一喜一憂に身悶えつつも幸せな日々を過ごしているはずの春なのに、社会は“緊急事態宣言”だの“首都封鎖”だの物騒な言葉で埋め尽くされてしまった。いつ終わるとも知れない未知なる敵との戦いにいい加減うんざりしてい…

ある日のドラゴンズ⑥真夏の夜のドラマ! 伏兵仁村徹、執念の同点打

日常から野球が消えて早数週間。本来なら一喜一憂に身悶えつつも幸せな日々を過ごしているはずの春なのに、社会は“緊急事態宣言”だの“首都封鎖”だの物騒な言葉で埋め尽くされてしまった。いつ終わるとも知れない未知なる敵との戦いにいい加減うんざりしてい…

ある日のドラゴンズ④三沢イライラ!打線もスミ1沈黙

日常から野球が消えて早数週間。本来なら一喜一憂に身悶えつつも幸せな日々を過ごしているはずの春なのに、社会は“緊急事態宣言”だの“首都封鎖”だの物騒な言葉で埋め尽くされてしまった。いつ終わるとも知れない未知なる敵との戦いにいい加減うんざりしてい…

ある日のドラゴンズ③審判暴行!ガラス瓶投入!仁義なき広島血闘

日常から野球が消えて早数週間。本来なら一喜一憂に身悶えつつも幸せな日々を過ごしているはずの春なのに、社会は“緊急事態宣言”だの“首都封鎖”だの物騒な言葉で埋め尽くされてしまった。いつ終わるとも知れない未知なる敵との戦いにいい加減うんざりしてい…

中日ファンのための読書感想文③

「本、読んでますか?」 若者の活字離れが叫ばれて早幾年。町からは書店が消え、電子書籍とやらも今ひとつ定着しているようには思えない。今や一部好事家の嗜みに成り下がった読書だが、かつては映画と並ぶ最高のエンターテイメントだったのだ。楽しいだけで…

ある日のドラゴンズ②モリミチ激怒!宇野まさかの失策

日常から野球が消えて早数週間。本来なら一喜一憂に身悶えつつも幸せな日々を過ごしているはずの春なのに、社会は“緊急事態宣言”だの“首都封鎖”だの物騒な言葉で埋め尽くされてしまった。いつ終わるとも知れない未知なる敵との戦いにいい加減うんざりしてい…