ちうにちを考える

中日ドラゴンズ歴史研究家が中日の過去、現在、そして未来について持論を発表するブログです

MENU

ジャリエル(ヤリエル)・ロドリゲス

チャイルド・プレイ

●0-3阪神(22回戦) 遅ればせながら山井大介の引退に触れたいと思う。 廃部した河合楽器から特例でプロ入りしたのが20年前。ドラフト6巡ながら便利屋のようなポジションで信頼を重ね、一年目から31登板とチームに貢献した。 その名が知れ渡ったのは2004年。…

二重人格

△0-0ヤクルト(20回戦) この時期の神宮球場は乙なものだ。夏の日差しが和らぎ、週末は秋晴れの下、東京六大学野球秋季リーグ戦が開催されている。本日のようなプロ併用日は、大学野球の第二試合終了とともに球場の外が再び騒がしくなる。 段々と早まる夕暮…

さまよえる蒼い弾丸

●1-9DeNA(19回戦) 敵地でのDeNA戦Game 1は大敗。今月2度目の9連戦は連敗スタートとなった。 極上のエンタメと「なりえる」素質 ジャリエル・ロドリゲスは、極上のエンターテイメントになりえる投球の素質を持つ。あくまで極上に「なりえる」なので、今は発…

なぜ・・・

○9-5ヤクルト(17回戦) 昨夜、遠く離れた英国・マンチェスターでの「王の帰還」の知らせは、瞬く間に全世界を駆け巡った。マンチェスター・ユナイテッドに2008-2009年シーズン以来の復帰を果たしたクリスティアーノ・ロナウドが早速の2ゴール。クラブの絶対…

青木宣親に負けた

●3-10ヤクルト(15回戦) 雨上がりのヤリエルは別人に変身していた。 5回まで2安打無失点、特に5回裏は無死2塁のピンチを3連続三振で切り抜けるなど、先週の炎上ショックを払拭する投球を披露。山田哲人、村上宗隆、青木宣親と並ぶクリーンアップも難なく抑…

打たれどき

●3-12巨人(14回戦) デビューから3試合続けて好投を披露し、うち2試合は中盤までノーヒットに抑える完璧な内容。彗星のごとく現れ、たちまちローテの救世主となったヤリエル・ロドリゲス 。ただ、巨人が同じ相手に3カード続けてやられるほど柔なチームでは…

リナレス来日の衝撃

○5-0DeNA(11回戦) 少し懐かしい話をしたい。18年前、2002年の6月というと日本中がサッカーW杯日韓大会に沸きに沸いていた時期であり、プロ野球は限りなく影の薄い存在となっていた。 ニュースのスポーツコーナーも数十分間に渡ってサッカーの話題で盛り上…

今度のロドリゲスも、スゴイぞ

△2-2巨人(9回戦) 海の向こうから嬉しい報せが入ってきた。 去年までドラゴンズに在籍したレンジャーズのジョエリー・ロドリゲスが2点リードの8回から登板。MVP3回を誇る最強打者マイク・トラウトを相手にスリーボールから3球連続153キロの力勝負を挑んで見…