ちうにちを考える

中日ドラゴンズ歴史研究家が中日の過去、現在、そして未来について持論を発表するブログです

MENU

エンニー・ロメロ

ふたつの“引き”

●6-10(46勝56敗1分) 「50歳すぎて性格なんか変わらない」、加藤浩次は吉本興業の社長をこう断罪したが、50歳まで待たなくても人の性格なんて物心ついたらそうは変わらないのかもしれない。“三つ子の魂百まで”とも言うように、エンニー・ロメロ(28歳)を見…

学習力、なし

●3-5(33勝42敗) 学習とは、「人間も含めて動物が経験を通じて知識や環境に適応する態度・行動などを身につけていくこと」(デジタル大辞林)だそうだ。特に身の危険に関わる事柄については生存本能が働いて、より確実にリスクを避けるように体が反応するよ…

5/111

●1-3(23勝29敗) プロの打者はあらかじめ球種が分かっていれば5割以上ヒットゾーンに打つ事ができるという。だからこそ投手は変化球を投げたり間合いを取るなどして、なんとかタイミングを崩そうと工夫するわけだが、その点でロメロという投手は極めて異質…

ロメロ、セルゲームで遊ぶ

●3-9(13勝15敗) 今日のロメロは間違いなく調子が良かった。5回6失点という結果だけ見れば到底信じてはもらえないだろうが、毎回のようにランナーを出しながら要所を締めて7回無失点に抑えた先週の広島戦と比べても、むしろ今日の方が乗っていたようにさえ…

Mr.ストレート

◯3-2(5勝6敗) 先週のカープ戦に続いてロメロが見事な投球で強力巨人打線を2失点に封じた。初回、丸が三ツ俣の指を踏むなどトラブルも絡んで30球を要した時にはどうなる事かと思ったが、終わってみれば6回96球。課題だった走者を背負った場面の投球も卒なく…

ロメロは洗濯洗剤の新商品である

◯3-2(3勝3敗) 世の中には不可思議な事象が無数に存在するが、その中でも私が思うぶっちぎりのナンバーワン不可思議は昔から決まってて、それは洗濯用洗剤のCMなのである。 洗剤は基本的に漂白力がアピールポイントであることが多いが、新商品の売り込みに…