ちうにちを考える

中日ドラゴンズ歴史研究家が中日の過去、現在、そして未来について持論を発表するブログです

MENU

苦悩は続くよどこまでも

○4x-3 広島(23回戦) 何度も何度も「1x」をスコアボードに表示させるチャンスがありながらも130試合目での今季初のサヨナラ勝ちは、高橋周平が選んだ押し出しフォアボールだった。そこに至るまでの9回の選手起用、特に京田陽太に対して代走の高松渡を起用し…

永遠のテーマ

●0-1阪神(23回戦) 昨日をもってリーグ優勝の可能性が完全に消滅したドラゴンズ。一部報道では早くも来期以降の話題が取りざたされていた。久々のAクラス入りを果たした昨シーズンからの飛躍を期した2021年は、優勝争いに殆ど絡むことができないまま事実上…

新監督に立浪氏浮上!? 風雲急を告げる監督人事を考える

www.nikkansports.com 兼ねてから話題になっている中日の新監督人事に関して、今朝大きな動きがあった。 報じたのは日刊スポーツ。いわく「中日新監督に立浪和義氏が急浮上」とのことで、「近日中には球団が立浪氏を最有力に来季の組閣案をまとめ、中日新聞…

チャイルド・プレイ

●0-3阪神(22回戦) 遅ればせながら山井大介の引退に触れたいと思う。 廃部した河合楽器から特例でプロ入りしたのが20年前。ドラフト6巡ながら便利屋のようなポジションで信頼を重ね、一年目から31登板とチームに貢献した。 その名が知れ渡ったのは2004年。…

飛び出し注意

●2-5阪神(21回戦) 借金10の下位球団にとって台風シーズンでもあるこの季節の楽しみといえば、せいぜい熾烈な優勝争いを繰り広げる上位球団の足を引っ張ること、いわゆる “首位イジメ” くらいである。 前節の巨人戦では今季初のスイープというオマケ付きで…

エースの矜持

○1-0 巨人(25回戦) 9月最終日にして今年初の3連戦3連勝、5月以来の月間勝ち越し、そして5年ぶりの巨人戦勝ち越しと、今日の試合が持つ意味はとても多かった。カードが始まる前には優勝が完全消滅の文字も踊っていたところからの3連勝なだけに、中5日でマウ…

全て大事

○5-0巨人(24回戦) 「藤井淳志、引退」 今朝目を覚ますと、秋を強く実感するニュースが流れていた。同一球団で16年。大学、社会人を経て40歳まで奮闘を続けたプロ野球生活に敬意を表したい。 実にプレーが映える選手だった。ルーキーイヤーとなった2006年の…

A Day in Our Life

○5-2巨人(23回戦) 巨人との9月最後の本拠地シリーズGame 1は接戦を制した。先発・柳裕也が投げては8回1失点10奪三振の快投、打ってはチーム31イニングぶりの得点をもたらす犠飛を放った。そして1-1で同点の8回には、福留孝介、木下拓哉の2ラン2発で突き放…

中日ファンのための読書感想文⑤『嫌われた監督 落合博満は中日をどう変えたのか』

「本、読んでますか?」 若者の活字離れが叫ばれて早幾年。町からは書店が消え、電子書籍も今ひとつ定着しているようには思えない。今や一部好事家の嗜みに成り下がった読書だが、かつては映画と並ぶ最高のエンターテイメントだったのだ。楽しいだけでなく、…

Dirty Work

●0-16ヤクルト(21回戦) 今月2度目の9連戦、ラストゲームは記録的な大敗を喫した。16失点は今季ワースト、同一カード3連戦すべて無得点は1981年以来40年ぶりの屈辱である。 現地ファンの目がほぼ死んでいた 昨日と今日は神宮球場現地で見届けた。ジャリエル…