ちうにちを考える

中日ドラゴンズ歴史研究家が中日の過去、現在、そして未来について持論を発表するブログです

MENU

いつのまにアラサー

○3-2巨人(12回戦) 「あれ、お前もうそんな歳(とし)だっけ?」 年下の後輩なんかと喋っていると、いつのまにかいい年齢になっていて驚かせることがある。ついこないだ入社してきたと思ったら、もう30手前かよ。当然その分、自分も歳食っているわけで。そ…

さあ行こう

△3-3ヤクルト(14回戦) 昨日の現地観戦後は、球場から駅への道のりが途轍もなく遠くに感じた。改札口までの “ドラゴンズロード” は、終わりが見えない連敗中のトンネルさながらの長さ。電車の中で音楽を聴こうとスマホを取り出し、選んだ曲はMr.Childrenの…

あいつら全員同窓会

●1-5ヤクルト(13回戦) ヤクルトとの本拠地シリーズGame 2は終始相手に主導権を握られ敗戦。先発の小笠原慎之介以下、投手陣は被安打11の5失点を喫し、打線は小川泰弘の前に完封を免れるのがやっと。ファンクラブ向けのスペシャルゲームと銘打っていたもの…

業務分担

●3-9ヤクルト(12回戦) 梅雨の季節真っ只中。低気圧の影響で偏頭痛がひどく、今日はベッドから起き上がることすら困難で仕事は体調不良で欠席。午前中ずっと横になって過ごし、少し良くなってきたものの今日の試合展開に体調も逆戻りしそうな感じだ。 先発…

『ちうにちを考える』執筆まとめ(2021年6月)

こんにちは。ikkiです。今回はブログ『ちうにちを考える』の2021年6月分執筆まとめについて記します。 5月の執筆まとめはこちらから↓ www.chunichi-wo-kangaeru.com 3・4月の執筆まとめはこちらから↓ note.com 早速、6月に執筆した記事を振り返りましょう。…

天の声

●4-9DeNA(12回戦) かつてプロ野球のトレードの締切日は6月30日だった。毎年この日が来ると、駆け込みの大型トレードが成立しないかワクワクしたのを思い出す。シーズン途中のトレードで加入した選手にはつい肩入れしたくなってしまうのは今も同じだ。この…

どしゃ降りの夜に

●2-3DeNA(10回戦) 〈京田「35億!」の掛け声の変更をファンにお願い〉 こんな話題が『中日スポーツ』の紙面を飾ったのは4年前の秋のこと。お笑い芸人・ブルゾンちえみのネタでおなじみの洋楽「ダーティーワーク」を出囃子に使っていた京田が、「35億!」と叫…

点と線

野球中継を見ていると、このようなやり取りを耳にすることがある。 実況「5回裏2アウト二塁でピッチャーが打席に入ります。1-0というスコアですが解説の○○さんいかがでしょうか?」 解説「リードも1点だけですし、ここは切り札の××選手を代打に出して追加点…

おまえがしっかり舵を取れ!

△1-1広島(11回戦) 連続カード負け越しが5で止まるのか、それとも6まで伸びるのか……。首位・阪神と2位・巨人のゲーム差が縮む中、これ以上上位チームとゲーム差が離されるとAクラス入りも厳しくなる。イニングを追うごとに広島に流れが行くゲーム展開、9回…

赤備え

●5-11広島(10回戦) 空模様と同様の試合展開になってしまった。堂上直倫のタイムリーで幸先よく先制したものの、先発・小笠原慎之介が大誤算。2回裏に投手の大道温貴の勝ち越しの二塁打などで3点を失ってしまう。次の回も赤ヘル打線の勢いを止めることがで…