ちうにちを考える

中日ドラゴンズ歴史研究家が中日の過去、現在、そして未来について持論を発表するブログです

MENU

それぞれの春、戦いの始まり

”球春到来“ キャンプ初日、北谷球場のグッズ売り場には根尾、松坂フィーバーに沸いた昨年の初日を上回る大勢の観衆が朝から長蛇の列を作ったという。全国区で話題になるようなスターがいるわけでもなし、それでもここまでの大盛況を呼んだのは、ひとえに今季…

大野奨太、インフルエンザに罹る

www.chunichi.co.jp 中日は30日、大野奨太捕手(33)がインフルエンザA型と診断されたと発表した。大野奨は29日にチーム便で沖縄入り後に体調不良を訴え、沖縄市内の病院で検査を受けた。2月2日まで宿舎で静養し、同3日から練習に参加する予定。前日のチーム…

鬼の立浪! 茶髪禁止令に福留ビビった

www.chunichi.co.jp 2月1日のキャンプインに向けて28日にひと足早く到着した与田剛監督に続き、今日は選手、スタッフら約100人の関係者が揃って沖縄入りした。コロナウイルスの流行で全員がマスク着用という異様な光景ではあるが、今のところ大きな怪我なく…

シエラ「ランボーと呼んでくれ」

www.chunichi.co.jp 母国での愛称は「エル レンボー」。「映画の『ランボー』の意味だ。ドミニカでは大きくて力強い人をそう呼んでいるんだ」。185センチ、105キロの恵まれた体格に分厚い胸板。見るからにパワーにあふれ、力強そうだ。 「ランボーのシ…

謎多きシエラは新年代の神になれるか

www.chunichi.co.jp 中日の新外国人で育成契約を結んだモイセ・シエラ外野手(31)が24日、中部国際空港着の航空機で他の外国人とともに来日。「最初の試合から出られる準備はできている。支配下に入れるように、首脳陣が目を見開くようなプレーをしたい」と…

あれから35年「田尾安志トレード」を読み解く

いよいよ球春間近、この時期になると自然に体が疼いてしまうのは私だけではないだろう。我らがドラゴンズはというと、話題はもっぱらドラ1新人・石川昂弥が独占としていると言っても過言ではない。背番号「2」を付ける石川は、「目標は三冠王」と、その体格…

根尾、漫画の域に達す

昔っから男子というのは「必殺技」が大好きな生き物だ。漫画でも、特撮でも、あるいは時代劇に至るまで、大抵の男子向きコンテンツには必殺技か、それに類するものが出てくるのは、そんな男子の需要を見込んでいるからに他ならない。必殺技とひとえに言って…

出たぞ!石川昂弥、「川上哲治級」の神眼力

www.chunichi.co.jp とてつもない目力の持ち主だった。2003年にスタートした恒例の視力検査。ルーキーに限らず、これまで数多くの選手が力試しに受けてきたが、その中でも石川昂がたたき出した数字には、関係者から驚きの声が漏れた。 「今まで検査を受けた…

中日、守道さん追悼セレモニー検討

www.nikkansports.com 守道さんの逝去から丸一日が過ぎ、各メディアの当時の担当記者による回顧録や、関わりのあったOBの追悼コメントがひと通り出揃った。表現の違いはあれど、語られるほとんどのエピソードに共通するのは「無口」で「裏表がなく」、「義理…

【追悼・高木守道】さらば、ドラゴンズの生き字引

www.chunichi.co.jp ドラゴンズの生き字引がまた一人、この世を去った。昨夜、突然飛び込んできた訃報を目にしても、にわかに実感がわかなかったのは、その存在があまりに身近すぎたからかもしれない。長きに渡って「サンデードラゴンズ」(CBC)や野球中継…