ちうにちを考える

中日ドラゴンズ歴史研究家が中日の過去、現在、そして未来について持論を発表するブログです

MENU

田島慎二、試練の2020年に挑む

今シーズンもまた田島慎二にとって復活のシーズンにはならなかった。オープン戦を無失点で乗り切るも、3月29日の開幕戦で6失点を喫する大炎上。このときは記録にならないエラー絡みの失点とあって同情もしたが、6月1日の巨人戦、同16日のロッテ戦と短期間に…

陽キャ・石川昂弥、ナゴヤドームにビビる

ナゴヤドオオオオオオオォオォオオオオム!!!!!! pic.twitter.com/vmgFysXI1f— のもとけ (@gnomotoke) 2019年12月17日 少し古い話題だが、16日の入団会見を終えた新人7人はその足で本拠地ナゴヤドームを見学。グラウンドレベルで“職場”を目の当たりにし…

祝!ライデル残留&ヤリエル獲得!

www.chunichi.co.jp 中日は残留要請していたライデル・マルティネス投手(23)と来季の契約で合意した。加藤宏幸球団代表が19日、明かした。推定年俸6000万円の2年契約で、キューバ代表の活動があるため、再来日の時期は今後詰めるという。アリエル…

郡司44番で思い出す1984年、金山仙吉の一打

www.chunichi.co.jp 16日、名古屋市内でおこなわれた入団発表で新人7選手が背番号の付いた真新しいユニフォームを着て登壇。ドラフト1位の石川昂弥には荒木雅博コーチが2018年まで23年間にわたって付けた「2」が、ドラフト2位の橋本侑樹には岩瀬仁紀氏が20年…

ドラゴンズ平成在籍選手ドラフト

去る12月14日、東京駅から日本橋方面に数分歩いたところにある雑居ビルの一室において、日本で最もディープでマニアックなイベントが開催された。その名も「ようやっとる座談会」。2014年の開始当初は元々の知り合いである中日ファン3人(木俣はようやっとる…

背番号13、まさかのルーキー橋本侑樹が継承か

www.chunichi.co.jp 中日のドラフト2位・橋本侑樹投手(21)=大商大=が14日、背番号13をつける見込みとなった。前人未到の通算1002試合に登板し、歴代最多407セーブを挙げ、昨季限りで現役引退した岩瀬仁紀さん(45)が付けていた偉大な数字。球団にとって…

名球会、特例枠設置であの大物OBも入会か!

www.nikkansports.com 【ホノルル(米ハワイ州)10日(日本時間11日)=為田聡史】プロ野球名球会に“大谷ルール”が導入される。同会の総会が行われ、従来の会員資格に加え、特例枠を設けることが決議された。 従来の入会資格は投手は200勝、250セーブ、野手…

大西崇之、やりすぎ元気伝説

東海ラジオの解説陣に森野将彦、そして大西崇之が加わった。今季まで解説を務めた仁村徹(二軍監督)、井上一樹(阪神打撃コーチ)に代わって、来季から専属解説者に就任することが決まっている。 森野はともかく大西は2005年オフの巨人移籍以来、一貫して巨…

落合博満氏、ホームランテラス設置は「大反対」!

本題に入る前に、私ごとですがお知らせ。 本日(12月10日)、株式会社ピープラウド主催の「Baseball Play Study2019冬 シーズン振返りスペシャル」というイベントが日本橋の株式会社サイボウズ本社にして開催されました。10年以上続くIT系の野球勉強会で、野…

野口茂樹、優し過ぎた男

先週もっとも衝撃だった中日関連のニュースは、ゴンザレス、シエラの両助っ人獲得でも与田の極秘帰国でもなく、やはりエース、大野雄大が複数年契約を蹴って単年契約を選択したことだろう。 これを受けて加藤宏之球団代表は「3年間は縛っておきたかった」と…