ちうにちを考える

中日ドラゴンズ歴史研究家が中日の過去、現在、そして未来について持論を発表するブログです

MENU

輝く!2021中日スポーツ大賞

2021中日スポーツ大賞 昨年に続いてコロナ禍での開催となった今年のペナントレース。半分程度しか埋まらないスタンドは寂しいものだが、ドラゴンズの戦いぶりはもっと寂しかった。開幕前から不安視されていた貧打は最後まで解消されることなく、ついに与田監…

2021年ちうにち10大ニュース

8年ぶりのAクラスという昨季の結果を受けて本気で優勝を目指した2021年シーズンは、残念ながら借金生活と下位低迷に逆戻りの一年となってしまった。 オフには新政権が誕生。ファンの気持ちもすっかり来シーズンに傾いてるが、ここであらためてドラゴンズの20…

人的補償は岩嵜翔! 年越しギリギリの補強成功

来るか…来ないか…そろそろか…まだ来ないか… 今日一日をこんな感じで過ごした人も多かろう。まるで採用の通知メールを待つように。あるいは気になるあの子からのLINEの返事を待つように。我々中日ファンが待って待って待ち続けた一報は、18時の時報と共にやっ…

「僕ら来年優勝するんで」 キーマンは柳裕也

2日続けてM-1の話になるが、今大会でとても胸が熱くなったシーンがある。それは漫才ではなく、トークでのやり取りだった。 決勝10組目に登場した “もも” というコンビ。「ノーガードしゃべくり乱打戦」の煽り文句が示すとおり、相方の容姿を交互にいじり合い…

M1制覇、錦鯉の涙に見た中年おやじの生き様

かつてサッカー人気が急拡大していた頃、ワールドカップこそがプロ野球・日本シリーズに替わる国民的コンテンツになったという言説をよく目にした。それは視聴率や世間の盛り上がり的にみても、あながち見当外れではない。ただ、4年に一度の周期で文字どおり…

なるか⁉︎ 大台到達! 柳の契約更改をガチ予想

「プロ野球の世界は夢がある。同時に、厳しい世界でもある。それを知ってほしいという思いがあるんです。給料が下がった時には、自分への戒めにできる」 ソフトバンク・高橋礼の言葉である。通常、プロ野球選手の年俸は取材をもとにはじき出した「推定額」が…

令和のデカちゃんだ! 鵜飼航丞

「月刊ドラゴンズ」12月号が売れに売れているらしい。立浪監督の笑顔が眩しい最新号は先月22日の発売と同時に瞬く間に店頭から姿を消し、今なお売り切れの店舗が絶えないという。知り合いの書店員いわく「こんなに月ドラが売れるのはウーやんが再婚した時以…

「外国人を取らない可能性」に中日ファンの愛という憎悪が爆発

ヤニで固めてる タンクちぎれて あふれ出したんだ “愛という憎悪” THEE MICHELLE GUN ELEPHANTの「スモーキン・ビリー」を狂ったように聴きまくっていた中学生の頃。CDラジカセのスピーカーから鳴り響く、割れんばかりの爆音はこの世でいちばんイケてる音楽…

大嶺の純情な感情

ゆく人がいればくる人もいるのが球界の摂理。又吉克樹の移籍表明により、界隈は俄然ソフトバンクから獲得するであろう人的補償の話題でにぎわっている。 お金のない中日の事なので、ややもすれば金銭補償を選びかねないと危惧されていたが、加藤球団代表が「…

「困った時の又吉」からの卒業

“使い勝手のいい存在” ほど、使う側から見てありがたいモノはないと思うのだ。料理でいえば玉葱とじゃがいも。何に使うのか決まっていなくても、とりあえず常備していないと落ち着かない存在だ。スーパーに行ったらまずカゴに放り込むツートップ。冷蔵の必要…