ちうにちを考える

中日ドラゴンズ歴史研究家が中日の過去、現在、そして未来について持論を発表するブログです

MENU

輝く!2020中日スポーツ大賞

3月20日。誰もが待ち侘びていたプロ野球は、開幕しなかった。人類は突如として現れた未知なるウイルスとの闘いを余儀なくされ、当たり前のように享受していた日常はあっけなく奪われた。 「半年後にはそんな事もあったね、と笑っているに違いない」ーー当初…

2020年ちうにち10大ニュース

未曾有の緊急事態に見舞われた2020年。それでもプロ野球は様々な困難を乗り越えて、何とか短縮シーズンを完走。たくさんの夢と希望を与えてくれた。 歴史に残るこの1年間にドラゴンズはどのようなドラマを見せてくれたのか。あらためて激動の2020年を10大ニ…

福留孝介、帰還

www.nikkansports.com 福留孝介 is back! メジャーに旅立った14年前からずっと望み続けた夢が遂に叶った。 メジャーで5年、阪神タイガースで8年。縦縞のユニフォームにもすっかり見慣れ、もうドラゴンズとの縁は切れたものだと思っていた。それでも「中日の…

有終の美

○3-2広島(24回戦) 例年よりも少ない全120試合を消化し、中日ドラゴンズの2020年シーズンが幕を閉じた。 最終戦のオーダーは根尾昂をトップバッターに据えた消化試合仕様。根尾はセンターとセカンドの守備を卒なくこなし、打ってはプロ2安打目となるライト…

「野球の神様、ありがとう」

●4-5ヤクルト(24回戦) 吉見一起の引退試合。まずはこの祝祭を穏やかな気持ちで迎えられることに感謝したい。 もし昨日負けていれば、今日も「負けられない戦い」は続いており、そうなれば吉見の登板自体がどうなっていたか分からない。たとえ行われたとし…

新しい時代へ

○2-0DeNA(24回戦) まるで優勝決定戦のような緊張感だった。勝てば8年ぶりのAクラス入りが確定する今日の試合。マウンドには満を持してエース・大野雄大が上がった。 数字上は例え今日負けても残り2試合で中日が一つでも勝つか、DeNAが一つでも負ければAク…

蘇生

○5-4DeNA(23回戦) 9回表2死ランナーなし。最後のバッター、伊藤裕季也が10球目の変化球を空振りしてゲームセット。その瞬間、マウンドの福敬登の顔に溢れたのは、笑顔ではなく……涙だった。 木下拓哉と軽く抱擁を交わすと、福は帽子で目元を隠した。流れ出…

死に物狂いのバトンリレー

○7-5DeNA(22回戦) こんな試合ばかり見ていたんじゃ心臓が幾つあっても足りない。手に汗握る激戦を制した中日が連敗を6で止め、4位DeNAとのゲーム差も再び1.5に広がった。これで3位マジックは「3」となり、明日あさってを1勝1分以上で乗り切れば8年ぶりのA…

戦うことが、運命だった

●0-3広島(23回戦) 中日が1点も取れずに敗れ散った約20分後、横浜スタジアムでは梶谷隆幸のサヨナラ打で4位DeNAが劇的勝利を収めた。これで両チームの差は0.5ゲーム。3日からの直接対決は、まさしくAクラスを懸けた天王山となる。 不思議な感覚だった。昨日…

2020年ラストスパートの地獄

●3-9広島(22回戦) 福敬登にとって27日のエラーは、一度の失敗では割り切れないほどショックが大きかったようだ。 確かにあの時の福の落ち込みようは尋常じゃなかった。滝野要が落球したその瞬間、まだインプレー中にもかかわらず両手を膝に当て、がっくり…